GOU-GOU.JP

大島弓子 大島弓子 漫画作品 大島弓子 映画化作品 1 大島弓子 映画化作品 2 手塚治虫文化賞
たのしい邦画!

ペットロス

『グーグーだって猫である』で重要なキーワードとなる、ペットロス症候群(ペットロスしょうこうぐん)についてのページです。

ペットとの死別を契機に発生する疾患ないし心身の症状のこと。 ペットロスは文字通り「ペットを失う事」である。ペットを失うと、様々な心身(精神的・身体的)の症状が起こる。これは、ペットと共に過ごす事によって培われた深い愛着・愛情が、突然に訪れるペットの「死」 によって行き場を無くしてしまうことによって、引き起こされる症状だと解されている。もちろん、引き起こされる症状の程度については個人差が大きい。たと えば、子育てを終えた熟年夫婦にとってはペットが我が子同然の存在になっていることもあり、ペットを失ったショックもまた大きい。

ペットロス症候群とは、ペットとの死別というストレスが契機となって発症した精神疾患(症候群≒病気≒疾患)をいい、精神症状に付随して身体症状を伴う場合も少なくない。

最近、このような精神的・身体的障害が起こる原因として、飼い主のペットを伴侶動物(コンパニオンアニマル)としての位置づけが挙げられている。

日本では2000年代頃から注目を集めるようになったが、ペット産業の盛んな米国では1990年代頃より精神疾患の契機として重要視されるようになった。

日本では、内田百閒の『ノラや』(1957年)が、ペットロス症候群という言葉さえなかったころの、同症候群に関する記述として注目される。

問題

この問題では、飼い主がもともと有していた依存的な性格傾向等を背景として、ストレスからの逃避として、アルコール依存症などの問題を引き起こすケースも見られ、米国では加えて薬物依存症に発展する問題も指摘されている。

これらはペットの死に対して、事故死による「あの時、外に出るのを防いでいれば」や、病死における「獣医に見せていれば」というケースにて、自分に責任があると感じて、後悔や自責の念から精神的に参ってしまう場合や、あるいは治療を担当した獣医師の診療ミスを疑って、他を攻撃する事で心痛を紛らわしたりというケースも見られ、特に民事訴訟が盛んな米国では、このような「医療ミス」として訴訟に至る事例も少なく無い。また、安楽死させたことについて自分の決断を長く悔やむ人もいる。 ペットの死で悩んでいることが周囲の人に理解されないという問題もある。

その一方で「死」という現象を受け入れるための儀式として葬儀があるが、日本でも次第にペット供養などのサービスも増加しており、これらの需要が少なくないことがうかがわれる。ペットロス症候群では、死別を不可避と考え、自分の中の気持ちを切り替えていくことも治療の一環と考えられるため、何らかの形で失ったペットとの絆に一つの区切りを設けるのも必要なのだろう。

ちゃんとペットの死を悲しむことで心の整理をつけることが大切である。このことをフロイトは「悲哀の仕事」と言った。

代表的な精神疾患・症状

以下に、代表的な精神疾患、精神症状・身体症状の例を示す。

  • うつ病
  • 不眠
  • 情緒不安定、疲労や虚脱感・無気力、めまい
  • 摂食障害(拒食症・過食症)
  • 精神病様症状(ペットの声や姿が一瞬現れた気がする錯覚、幻視・幻聴などの幻覚や、「今に帰ってくるのではないか」という妄想など)
  • 胃潰瘍など消化器疾患(心身症)

このような、精神疾患や症状を精神分析的に説明すると、ペットとの死別という現象を受け入れられない場合の防衛機制の一種である逃避であるとも解釈されよう。他方、行動療法(行動医学)の基礎理論である刺激反応モデルによって説明すると、ペットの死という「刺激」に対する生体の「反応」ということになろう。

社会学的には、次のように説明されよう。つまり、近時の少子高齢化を背景に、ペットを生活上の伴侶として扱う(コンパニオンアニマル)人が増加している。ところが、ペットの寿命は10年程度であり、どうしてもヒトより短命である。このような人とのより深いかかわりを持つ動物の増加で、ペットとの死別という避けがたい出来事が、飼い主に深刻な影響を与えるケースが増加してきた。

軽度ないし遷延しない症状については、健全な精神性の発露とみなすことが可能ではあるが、健康を害するほどに悲嘆に暮れる状態は健全とは言えず、投薬を中心にして、必要に応じてカウンセリング等を併用する治療を必要とする場合もある。日本医師会では1ヶ月以上、悲しみが癒えずに不調が続いている場合に、受診を勧めている(外部リンク参照)。心療内科や精神科など専門医の受診も勧められよう。

臨床心理士などによる心理療法の分野では、喪失体験からの回復過程を援助するためのプログラム(グリーフセラピー)を行う心理療法家が存在する。

漫画が原作の映画を見よう!

虹の橋 (詩)

飼っていたペットを亡くした人々のあいだでは『虹の橋(にじのはし、英語:Rainbow Bridge)』という比喩的な場所、または神話的な場所。また、この場所をうたった散文詩(韻文)のことが語られている。

『虹の橋』は、作者不詳の散文詩の主題として取り上げられているので有名である。作品は、1980年から1992年のあいだに造られたと考えられるが、正確な詩作の時期はなお不明である。この詩あるいは文章は、ペットを失った動

詩は次のような内容となっている。

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いや病気から回復した元気な体で仲間と楽しく遊び回る。しかしたった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主のことである。
一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間から離れて全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。
死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。

虹の橋の起源

亡くなったペットがその主人を待つこのような場所について語っている宗教は存在していない。北欧神話に語られる「ビフレスト橋」が、神の国と人間の世界を繋ぐ「虹の橋」について伝えているが、ペットが生前の主人を待っている場所という訳ではない。しかし、この世を越えた世界へと魂を導く場所としては類似性がある。

この現代の神話は、原作者不詳の韻文の物語が起源である。ペット愛好者や関係者が造るネット上の多数のコミュニティや動物愛好団体などにおいて、亡くなったペットは、「橋のたもとで待っている」とも、しばしば語られる。「橋のたもと」は英語では、At The Bridge という表現であるので、このイニシャルによる頭字語である ATB を使って、「 ATB で待っている」とも言われる。

物語を語るこの散文詩は、しばしば著作権が存在しないパブリック・ドメインの作品として扱われている。その著者や出典を確認するための情報が作品に添付されていないからであるが、また広く世界中に流通し、作品の再公開や引用が慣例化しているからである。

しかし、インターネット上で幾ら多数のウェブ・サイトがこの詩を流用・公開しているとしても、作品がパブリック・ドメインであるという証明にはならない。著作物には著作権が存在するのであり、著者や出典に関する情報が確認され、原著者が著作権を放棄している訳ではないことが確認された場合は、法的な問題が生じることに留意する必要がある。

物愛好家のあいだで広く知られるようになり、最初はアメリカで流布していたが、世界中に広がり、日本でもこの詩の原文や翻訳、またそのヴァリエーションが広がっている。

詩は、亡くなったペットの魂が、虹の橋のたもとにある一面に緑の草原が広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っていると、うたっている。そして彼らの飼い主がまた世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、虹の橋を共にわたって、天国へと入って行くと信じられている。

超絶癒し系ぬこ映画
田舎というわけでもないし、都会というわけでもない、ということは鉾田市 不動産が提供している物件って自分向きかもしれない?そうと決まれば、電話して詳細を聞いてみるしかないな!行動は起こして何ぼのものだ、急いで電話だ! 。これから念願の一人暮らしを体験できるけど、今まで都会のど真ん中だったしな 。んっ、この鉾田市 不動産はどんな不動産を取扱っているんだ?しかも鉾田市区とは、また中途半端なところにある、わけでもないな 。社会勉強も兼ねて少し離れたところで暮らしたいけど、不便すぎるのも困るな 。