. . .

ヨガインストラクターとしてキャリアアップを目指すならRYT500を目指そう!

ヨガの国際資格全米ヨガアライアンスRYT200を取得して、インストラクターとして活動中。その先のRYT500も興味があるけど、本当に必要なの?そもそもRYT500ってどんなことが学べるの?そんな疑問に対して、E-RYT500保持する筆者がお答えします。

引用:Tonoel

そもそもRYT200とは?

ヨガのインストラクターになりたい、ヨガ指導の資格を取りたい、そんな時に必ず目にするのがRYT200という名称。RYT200とは、全米ヨガアライアンス200時間を指し、RYTはRegistered Yoga Teacher の略。全米ヨガアライアンス協会が認定する、国際的なヨガインストラクター資格です。

協会が定めた基準をクリアした認定校で200時間トレーニングを受講し、ヨガアライアンスに申請と登録をすることで、RYT200を取得することができます。

ヨガの発祥はインド、なのになんでアメリカの資格を取得する必要があるの?と思った人もいるかもしれません。

実はヨガにはたくさんの流派があり、指導の内容も多種多様です。先生を見つけ、弟子となり修行し、先生の許可を得て指導をする、これが伝統的なヨガ指導の流れでした。ヨガを指導するための共通した基準というのは存在しなかったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です