. . .

健康のワンスプーン「アマニ油」、市場規模100億に

拡大する「新油」市場。なかでも、アマニ油、エゴマ油が市場を押し上げている。「再三にわたるメディア放映」「機能性表示食品の登場」「大手参入」「主婦層・若年層開拓」など、さまざまな要因がリンクしているようだ。アマニ油は市場がシュリンクした時期もあったが、日本経済新聞が「異例の復活」と報じたように、市場規模は100億円にリーチがかかるまでに。好循環を生み出した背景にあるものとは?

引用:健康産業新聞

アマニ油、エゴマ・シソ油、米油を中心とした「新油」市場の拡大

2018年の市場規模は250億円に到達、2014年(90億円)から3 倍弱に急拡大している(日清オイリオグループ調査)。“食べる油”“サプリ的オイル”として、サプリメントから一般食品まで、さまざまな分野で商品化されている。なかでも伸長著しいのはアマニ油とエゴマ油。アマニ油のマーケットサイズは、前年比65%増の98億円に拡大。フロントランナーである日本製粉をはじめ、日清オイリオグループ、キユーピー、J-オイルミルズなど、大手各社がアマニ配合商品を積極展開、機能性表示食品も登場している。TVの健康番組で再三にわたり放映されたことも追い風となったようだ。

最近でも、「この差ってなんですか?」(TBS)で「高血圧や動脈硬化を予防する健康のワンスプーン・アマニ油」として放映されたほか、8 月17日の「満点☆青空レストラン」(日テレ)では北海道・当別町のアマニの栽培・搾油風景を放映、番組内では、本紙の「注目の植物油特集」も紹介された。日本経済新聞では、「何にでもOK アマニ油若者つかみ異例の復活」として、一過性のブームでスーパーの棚から消えるジャンルが多い中、(一度市場がシュリンクしたものの)アマニ油が若年層を取り込み、ここ1 ~ 2 年で盛り返したことを報じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です