. . .

【注目の人参素材】サプリや一般食品など多用途で提案進む

人参素材には250億円市場を形成する高麗人参を筆頭に、田七人参、アメリカ人参、カンカなどが流通。

市場をけん引する高麗人参では中高年層に滋養強壮・疲労回復訴求、女性層に温活サポート・アンチエイジング・美容訴求の商品などが定着している。

近年は若年層向けにエナジー系ドリンクでの採用も進むなど、幅広い層で需要が増えている。

原料メーカー各社は、発酵、熟成、膨化といった加工方法や、生産地、栽培方法などで差別化を図る。

引用:健康産業新聞

高麗人参、韓国からの輸入量増加エナジードリンクでの採用定番化

「滋養強壮」「疲労回復」訴求の定番素材であり、豊富な食経験とエビデンスを持つ高麗人参。従来のターゲット層である中高年層からの需要に加え、近年ではエナジー系ドリンクをはじめとする清涼飲料水で需要が増加。

大手メーカーをはじめ、トップバリュなどのPB品でも採用、定番素材としての地位を確立し、若年層にもターゲットを広げている。

新商品での採用も活発で、今月には「内側からのパワーと持続力のブースト」をコンセプトに高麗人参、紅参、シベリア人参エキスを配合した新商品『リアルゴールドドラゴンブースト』(コカコーラシステム)が上市される予定だ。

高麗人参は朝鮮半島を原産地とし、中国東北部やロシア沿海州にかけて自生するウコギ科の多年草植物。

 

主な原産国である韓国からの輸入量は677.5t(2018年)輸入金額は32837千ドル(同)であり、2017年比で約20%増加、2019年上半期についても前年同期に比べて増加している(韓国農水産食品流通公社調べ)。

日本における韓国農水産物の貿易振興活動を手掛ける韓国政府機関・韓国農水産食品流通公社では、2019年下半期について「高麗人参は気候が寒くなるにつれ販売量が増加する傾向にあるため下半期、特に冬の消費は増加する」と予測としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です