. . .

痩せたいなら筋トレだけじゃなく「快眠」も大事。ダイエットと睡眠の関係

ダイエットには「睡眠」が一番大事。そう語るのは、六本木のパーソナルトレーニングジム「BODY MAKE GYM CLOVER」の代表・植田知成さんです。

「BEST BODY Japan」(ベストボディジャパン)の優勝経験をもち、マッチョアイドル「マッチョ29」のメンバーとしても活躍されている植田さんは、自らの減量経験やパーソナルトレーニングジムを運営する中で、効率的なダイエットには良質な睡眠が欠かせないことを実感。

実際、睡眠の質を改善したジムの会員さんには、目に見えるボディラインや体重の変化が起きているとのこと。そこで「睡眠とダイエットの関係」から「快眠に導く方法」まで、深掘りしてきました。

引用:MELOS(メロス)

睡眠負債が溜まると、食欲が増し脂肪がつきやすくなる
――良質な睡眠がとれていないと、なぜダイエットに悪影響が出るのでしょうか?

私は「ホメオスタシス(※)の3本柱」と呼んでいるんですが、睡眠が乱れると「自律神経」「ホルモン」「免疫力」の3つに影響が及びます。それぞれ、どんな影響が出るかは、次の通りです。

・自律神経……自律神経の働きが鈍り寝付きが悪くなる。睡眠中に何度も起きてしまう。
・ホルモン……成長ホルモン等の分泌量が減ることから脂肪が消費されづらくなり、筋肉がつきづらくなる。食欲増進ホルモンのグレリンが増加し、脂質や糖質、刺激物(アルコールやタバコ等)を求めるようになる。
・免疫力……免疫力が落ちて風邪を引きやすくなる。体が重く感じる。

※ホメオスタシス……生体が、その内部環境を一定の状態に保ち続けようとする傾向のこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です