. . .

カラダを鍛える、ちょっと変わったエクササイズ&筋トレ4選

カラダを鍛えるためのトレーニングは、ウエイトトレーニングだけではありません。最近では多様なトレーニングギアが販売され、変わったトレーニング方法もたくさん行われています。今回はウエイトトレーニングとは違った、変わり種のエクササイズをご紹介しましょう。

引用:MELOS(メロス)

1.ロープトレーニング
最近では、スポーツクラブでも見かけるようになったロープトレーニング。マシンが並ぶトレーニングエリアに、やけに長い綱引きのようなロープが置いてあり、一体何に使うのかと疑問に思った人もいるはずです。名称はいろいろありますが、一般的には「バトルロープ」と呼ばれています。太めのロープを使って、波打つようにロープを動かすトレーニング方法です。

2.ウォーターバッグトレーニング
アスリートが、ボストンバッグのような大きなバックを抱えてエクササイズしているのを見たことはありませんか? それは「ウォーターバッグ」と呼ばれるトレーニングギアです。ウォーターバッグはその名の通り、バッグの中に水が入っていて重さがあるバッグ。しかしこの水が、トレーニング効果を高めてくれるポイントになります。

3.ViPR(ヴァイパー)トレーニング
丸太のようなものを持ってエクササイズするのが「ViPR(ヴァイパー)」です。ウォーターバッグ同様、さまざまな持ち方でViPRを保持したままカラダを動かすことにより、動きに対して負荷をかけ、全身を刺激します。ViPRはカナダ発祥で、アイスホッケー用のフィジカルトレーニングとして考案されました。ただ筋力を向上させるだけではなく、人間の動きに対して負荷をかけることで、筋トレの効果と競技の動きをうまく結びつけ、パフォーマンスを向上させるトレーニングとして取り入れられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です