. . .

理学療法士に学ぶ「背筋・上腕三頭筋」の鍛え方|体幹から動きをつくるための筋トレ

筋力を鍛えたいなら、やみくもに行うのでなく集中的に効率よく行うのがおすすめ。 筋力不足が解消されると、もっとヨガのポーズが取りやすくなります。理学療法士でヨガインストラクターの中村尚人先生に、背中を反らせる「背筋」と、腕立て伏せなどで肘の曲げ伸ばしに使う「上腕三頭筋」を鍛えるメソッドを教えてもらいました!

体を真っすぐ伸ばし自重を支えられるように
背筋は体幹から動きをつくるために、上腕三頭筋は腕で体重を支えるアームバランス系ポーズで重要です。

脊柱を後ろから引っ張り反らせる「背筋」を鍛える

背筋とは
ヴィーラバッドラーサナⅢ(下)で手と足が落ちてしまうのは、背筋の弱さが原因。背筋は、背中を反らせたり、腕を引いたりする動きで強化できます。重力がかかるうつ伏せ姿勢で鍛えましょう。

 

引用:ヨガジャーナルオンライン

やり方
1.うつ伏せになり、胸を反らせて頭を起こす。上腕が床と平行になるように肘を曲げ、手は床から浮かせておく。

2.上の姿勢を変えずに、肘の曲げ伸ばしを繰り返す。胸を反った状態+腕引き動作で背筋の筋トレ効果が高まる。

脚は上げない
脚を上げると背筋ではなく、腰に過度な負担がかかってしまうので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です