. . .

ダイエットにも効果的! 巷で話題の「低酸素トレーニング」とは?

「低酸素トレーニング」といえば、マラソン選手を筆頭にトップアスリートがとり入れていることでおなじみのトレーニング法。でも最近の研究で、一般の人々のダイエットや生活習慣病の予防にも効果があることがわかってきました。都内には低酸素環境でのトレーニングが体験できるスポーツジムも増加中! そこで今回は、トレーニング科学を専門とする立命館大学スポーツ健康科学部・後藤一成教授によるセミナーに参加し、「低酸素トレーニングって本当に効果があるの?」「どうやってとり入れたらいいの?」といった疑問を解決してきました。

アスリートはもちろん、一般の人も要注目!

そもそも「低酸素トレーニング」とは、酸素が少ない場所で運動を行うトレーニング法です。通常のトレーニングに比べて、体がより多くの酸素をとり込もうとするため最大酸素摂取量が増加。すると、持久力が向上するほか、スピード力アップの効果があることが明らかになりました。

アスリートの競技力向上だけではなく、一般の人の健康にも役立つことが知られ始めたのは2010年以降のこと。「肥満男女が4週間にわたって低酸素トレーニングを行なったところ、体脂肪率が大きく減少した」というオランダの調査結果を皮切りに、国内外で同様の結果が続々と発表されました。

引用:FYTTE

食欲を抑えるホルモンの働きで、体脂肪が減少

「低酸素トレーニング」を私たちのダイエットに活用できるのはうれしい話ですが、なぜ体脂肪が減少するのでしょうか。その答えのカギを握るのは、「食欲」。

胃から放出される「グレリン」というホルモンには食欲を増進する機能がありますが、低酸素の環境下ではこの「グレリン」が大きく減ることが明らかになったのです。

東京都内では、豊洲にアシックスの低酸素トレーニングジムがオープンするなど、近年はこうした施設がどんどん増えています。例えば、朝に低酸素トレーニングジムで運動を行なうと、そのあとは1日中食欲が抑えられるため、ダイエットに役立てることができるといえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です